バイナリーオプションがギャンブルにならない為に

 

こんにちは、コウです。

バイナリーオプションはギャンブルではありません。

でも、実際にはバイナリーオプションをギャンブルのように行い、大切な資金を無くしてしまう方がたくさんいるのが現実です。

 

<スポンサードリンク>

ギャンブルにならない為に

それでは、バイナリーオプションがギャンブルにならない為に何をすべきなのか!?

バイナリーオプションを実践するにあたり、High(ハイ)かLow(ロー)どちらに行くか決めなければいけません。

何となくHigh、適当にLowでは、ギャンブルと同じです。

何かしらの根拠を持ってエントリーすることが大切です。

そんな時に使うツールがあります。

テクニカル指標というものです。

 

テクニカル指標とは?

テクニカル指標を調べると、Wikiにはこう定義されていました。

 

過去のチャートと値動きから次の値動きの目安になる情報を抽出するための計算アルゴリズムである。

 

要するに、過去の値動きから今後の値動きを予測していくものです。

 

難しく感じますが、何の根拠もなしにエントリーするのは心もとないので、テクニカル指標を使い、HighかLowを決めていくのだなと理解してください。

 

2種類のテクニカル指標

 

以前にもお話をしましたが、テクニカル指標には大きくわけて2種類あります。

 

トレンド指標

オシレーター指標

 

この2つです。

 

トレンド指標は値動きの方向性や強さを指し示すものです。

 

オシレーター指標は相場の強弱を指し示すもので、買われすぎ・売られすぎの判断材料になります。

一定範囲を振り子のように動くことからオシレーター(振り子)という名前がつけらえました。

オシレーター指標は逆張りでのエントリーに適しています。

 

どの指標も万能ではありません。1つの指標を妄信して、このサインが出たらHighまたはLowとエントリーしていたら、まず勝てません。

 

おすすめは、いくつかの指標を組み合わせることです。

 

<スポンサードリンク>

指標の条件が多く揃うほどエントリーの根拠が強くなる

 

各々の指標の条件が多く揃えば揃うほど、根拠が強くなると考えてください。

伝え忘れましたが、100%勝てることは絶対にありません。

投資では100%勝つことは不可能なので、このテクニカル指標があれば、無敗になるってことはないです。

負ける時は負けます。その負けを受け止めることも重要です。

大切なことは、月や年単位で勝ち続けているかです。

 

まとめ

今回は、バイナリーオプションがギャンブルにならない為に必要な、テクニカル指標についてお話ししました。

 

バイナリーオプションで勝つには、テクニカル指標が有効。

テクニカル指標には2つの種類があり、トレンド指標とオシレーター指標がある。

複数のテクニカル指標のサインを組み合わせて、勝てる根拠をみつけていくことが必要。

100%勝つことはできない。負けを負けと受け止めることが大切。

 

今後は、バイナリーオプションで使えるテクニカル指標についても説明していこうと思います。

 

バイナリーオプションがギャンブルにならない為には、徹底的な資金管理も重要になりますので、ぜひこちらの記事も参考にしてみて下さい。

バイナリーオプションは資金管理が大切

 

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。

人気ブログランキングに参加していますので、この記事が少しでもお役にたちましたら、応援クリックしていただけると嬉しいです^^


FXバイナリーオプションランキング

応援クリックありがとうございました☆

<スポンサードリンク>