バイナリーオプションのテクニカル分析

 

こんにちは、コウです。

バイナリーオプションで勝率を上げていく為には、「テクニカル分析」を知る必要があります。

「テクニカル分析(Technical analysis)」とは、主に株式・商品取引・為替等の取引市場で、将来の取引価格の変化を過去に発生した価格や出来高等の取引実績の時系列パターンから予想・分析しようとする手法です。

<スポンサードリンク>

テクニカル分析で値動きを予想

テクニカル分析では、過去の値動きパターンから将来の値動きを予想する事ができるので、バイナリーオプションでhighかlowかを選択する時に役立ちます。

 

テクニカル分析は初心者には難しく感じると思いますが、まずは基本的な見方を覚えておくだけでも、バイナリーオプションの勝率アップにつながります。

 

テクニカル分析で出来る事は、大きく分けて「トレンド系指標」「オシレーター系指標」の2種類があります。

 

トレンド系とオシレーター系の指標では、全然違った観点で相場を見る事になるので、この2つを組み合わせてテクニカル分析をしていきます。

 

トレンド系のテクニカル分析

「トレンド(trend)」の一般的な意味としては、時代の潮流や流行などがあると思いますが、テクニカル分析では通貨の流行する事を「トレンド」と表現します。

 

「流行している通貨」は買われ、「流行していない通貨」は売られるという傾向があるので、その差がはっきりしている時に、売り買いがはっきりします。

 

買いが強く、相場がドンドン上がっている状態を「上昇トレンド」、売りが強く、相場がどんどん下がっている状態を「下降トレンド」と呼ばれています。

 

強いトレンドが発生すると、なかなか反対方向には相場が動かないので、バイナリーオプションでは「上昇トレンド」の時にhigh、「下降トレンド」の時にlowを選択することで勝つ確率がアップします。

 

トレンドに乗って取引をする事を、バイナリーオプションやFXでは「順張り」と呼ばれています。

 

<スポンサードリンク>

オシレーター系のテクニカル分析

相場がどんどん上がったり下がったりする「トレンド」に対し、売りと買いが均衡して行われる状態は「レンジ(range)」と呼ばれています。

 

このレンジ相場では、売りと買いが切り替わるタイミングで、「売り」ならlow、「買い」ならhighで取引きしていきます。

 

 

トレンド相場よりもレンジ相場の方が多く発生するので、バイナリーオプションでは、レンジ相場での逆張り手法を推奨している人が多いです。

 

この「トレンド」と「レンジ」を見極めるために、多くのトレーダーがチャートをテクニカル分析するという手法を使用しています。

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。

人気ブログランキングに参加していますので、この記事が少しでもお役にたちましたら、応援クリックしていただけると嬉しいです^^


FXバイナリーオプションランキング

応援クリックありがとうございました☆

<スポンサードリンク>